2011年11月30日

融資の金利を下げる

 融資期間が5年で固定金利で契約し、その後は変動というよくあるパターンの契約が更新時期がきました。

 現在は、金利が低く良い状況なので、有利な契約を進めるにあたり、付き合いのある別の銀行に打診してみました。

 それからの反響が大きく、低金利での借り換えの要請が、かなり力強かった。

 現在は低金利であるが、世界中の経済に不安感がある中、日本も今後はどうなる分からない。

 折角のチャンスな時期なので、5年固定での低金利交渉を行なった結果。銀行同士の気合に圧倒されるくらいで、満足出来る低金利な融資結果が得られました。

 これで毎月のキャッシュフローが大きく改善しました。一部屋分の家賃の支出が減った(収入が増えた)感じです。

 それも5年間継続するから助かります。

 最近は、家賃を上げるのは難しいですが、融資の金利を下げることは可能性が大きくチャンスです。銀行も安定した融資先を探しています。




応援クリック ⇒人気ブログランキングへ

 


不動産経営が面白い!!

posted by 不動 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行融資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51223560
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家