2008年11月16日

ボストン美術館の浮世絵

 
 今日は、ボストン美術館の浮世絵名品展に行ってきました。


 ありがとうございます。⇒人気ブログランキング

 
 小雨でしたが、入場者数は結構多くて盛況でした。
日本の浮世絵が、アメリカのボストン美術館に5万点保存されている。里帰りだが、大切にされていて今まで残っているのだから、ありがたい。

 鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎、東洲斎写楽 などのビックネームの絵が多くありました。
絵はA4程度の大きさですが、時代の臭いと繊細で人間味ある風情が楽しめるものでした。
 
         IMG_1465.JPG
        ボストン美術館の浮世絵名品展
 
 
 
         IMG_1464.JPG
         江戸東京博物館
 
 
 それにしても江戸東京博物館の建物は、なぜこんな不安定な建物なんだろう。
地震にも絶えられるように考えられていると思うが、どうもしっくりこない。
空間も不安を与える感じ。下駄のイメージかな?江戸との関係は?

これは、維持管理費もかかるだろう。
賃貸では、空間の無駄で経営は難しいだろうなあ、なんて勝ってに考えるのも楽しい。


m(_ _)m応援クリック ⇒人気ブログランキングへ



 


 
不動産経営が面白い!!

posted by 不動 at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
浮世絵展いいですねぇ。

大江戸博物館ははいったことあります。
中はいろんなジオラマがあって楽しかったです。
Posted by kamochan at 2008年11月18日 12:34
kamochanさん
博物館にはまだ行っていません。今度行けたらと思います。
両国は初めてでしたが、まわりは庶民的な感じでした。お相撲さんにも会いたかったです。
Posted by 不動源一郎 at 2008年11月18日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22937554
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
不動産投資の収益物件 不動産投資の健美家